一般歯科

一般歯科

さとう歯科医院では、歯をできる限り削らず、なるべく抜かないよう、最新の治療法に取り組んでいます。
患者様のご自身の歯を十分に活かし、快適な生活を送っていただけるよう様々な方法で治療にあたります。

こんな症状はございませんか?

以下の症状がある場合、むし歯かもしれません。むし歯の治療で重要なのは「早期発見・早期治療」です。お早めにご来院ください。

冷水痛
冷たい水や食べ物、冷たい風がしみる
温水痛
暖かい水や食べ物がしみる
自発痛
何もしないのに痛い
咬合時痛
歯を噛み合わせときに響く
咀嚼時痛
物を噛んだときに響く、痛みがある

むし歯の進行段階と治療方法

C1(う蝕症第1度)
C1(う蝕症第1度)
歯の一番外側の硬い部分、エナメル質がむし歯になった状態です。この状態では痛みを感じません。丁寧なブラッシングやフッ素塗布などを行い、むし歯がこれ以上進行しないよう経過観察をします。
C2(う蝕症第2度)
C2(う蝕症第2度)
エナメル質の内側にある柔らかい部分、象牙質にむし歯が到達した状態です。冷たい水がしみることもあります。むし歯部分を削り、つめもので補います。
C3(う蝕症第3度)
C3(う蝕症第3度)
歯の根っこの部分の神経(歯髄)にまでむし歯が到達した状態です。冷たいものだけでなく、温かいものや甘いものでもしみてしまい、何もしていなくても強い痛みが出ます。神経を取り除く根管治療が必要となります。根っこを綺麗にしてから歯の土台(コア)を作り、歯冠をかぶせます。
C4(う蝕症第4度)
C4(う蝕症第4度)
歯の根っこだけが残っている状態です。むし歯が進行してしまって歯髄がなく、歯根の先端部周囲組織に炎症がある状態です。歯髄が死んでしまっているため、冷たいものや温かいものがしみることはありません。しかし、放置していると強い痛みが発生し、腫れることもあります。この状態になると、歯を残せる確率はかなり低くなり、ほとんどの場合抜歯を行います。抜歯した部分には、ブリッジや入れ歯、インプラントなど歯の代わりになるものが必要となります。

むし歯にならないためには

ご自宅での歯磨き

もちろん、むし歯予防には生活習慣の改善も大切ですが、毎日歯磨きを欠かさず行うことが大前提なのは言うまでもありません。しかし、せっかく毎日歯磨きしていても、上手に磨けていなければ、むし歯予防には繋がりません。 歯科医院でブラッシング指導を受け、正しい歯磨きの仕方を身に付けましょう。小さなお子様が歯を磨くときは、お父さん・お母さんが最後に仕上げ磨きをしてあげてください。

定期検診を受けましょう

歯にこびりついた汚れは、日頃の歯磨きだけでは取りきれないことがあります。3~4ヶ月に1回は、歯科医院へ定期検診に行き、専門的なクリーニングやブラッシング指導を受けましょう。万が一のそのときにむし歯が見つかっても、早期治療を行えば、短期間の治療で完治させることができます。

むし歯の治療は、早い段階であればあるほど、痛みや時間的・金銭的負担を抑えることができます
しかし、本当に大切なのはむし歯にならないこと、つまりむし歯の「予防」です
積極的に定期検診を受けるようにして、自分の歯を守りましょう!
さとう歯科医院
インターネットでのご予約はこちら
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら

〒481-0006
愛知県北名古屋市熊之庄小鳥 159
※名鉄徳重駅から東へ直進 2キロ

 
9:00
~ 13:00
15:00
~ 19:00

△・・・15:00 ~ 18:00  
休診日:木・日曜日、祝祭日

■各種保険を取り扱っています。
■保険以外の自由診療については各種クレジットカードでのお支払いを承っております。
■祝日がある週は木曜日も診療いたします。

各種クレジットカード